スペースの特徴

撮影:阿部稔哉

  • 安藤忠雄氏設計の表参道ヒルズで、かつて表参道のシンボルであった同潤会青山アパートの意匠を受け継ぐ同潤館の2階にあり、入口前の階段室や窓枠などに当時の雰囲気を残しているあるユニークヴェニュー
  • 南と東の2面採光。照明は、コントローラーにより、壁面単位で、「明るさ(無段階調光)」と「光色(電球色・温白色・昼白色の3パターン)」の調節が可能
  • ケヤキ並木側の窓際は、窓からの眺めと展示面積確保を両立し、更に歩道から展示が見えるようにしたデザイン
  • ファッション/アパレル関係利用のため「鏡のあるフィッティングルーム(試着室)」として倉庫スペースを利用可能
  • 天井がアンカーボルト対応になっており、天井からの吊り下げ展示も可能
  • ケヤキ並木沿いの1階に、専用のポスター貼付スペースを使用可能

 ※平面図・壁面図のダウンロード用データは、ページの一番下にあります。

 ※ギャラリー内展示風景(2024年2月德田竜司展)動画はこちら 

  

備品

備品は、無料でご利用頂けます。その他の備品の持込も可能です。(安全上、事前打合せ要)

【写真上段】左側の可動壁内のスペースは、「試着室」として利用が可能(180×60cmサイズ鏡設置)。

 テーブル(W100×D50×H72cm)2台、イス8脚、丸イス3脚、脚立(はしご)

【写真下段】掃除機、Bluetooth接続対応天井スピーカー(BOSE,展示室2台)、洗面台、ミニ冷蔵庫、電子レンジ、ゴミ箱2個

【その他】無線Wi-Fi、有線LAN(展示室2,控室1)、電気コンセント(展示室5,控室2)、ピクチャーレール用ワイヤー12本、フック37個、3口3m延長コード、メジャー(5m)、レーザー墨出し器、折りたたみテーブル(W50×D40×H70㎝)1台、アイボルト2個(天井吊下げ用金具。天井には50cmごとに穴[インサート]が施工済)、額縁10枚(アルミ黒縁)

 

 表参道は、アートのみならず、ファッション、カルチャーなど幅広く文化を発信してきました。

その表参道駅から明治神宮へとつづく"表参道"の真ん中に、2006年2月、「表参道ヒルズ」がオープンしました。

 ギャラリー同潤会は、この地のランドマークであった同潤会青山アパートの外観を受け継ぐ3階建ての再生棟「表参道ヒルズ同潤館」の2階に位置し、緑豊かなケヤキ並木を臨みつつ、ゆったりとアートの世界に浸っていただける空間です。

 

 

資料ダウンロード

1.平面図・立面図(側面図)

ダウンロード
平面図・立面図(側面図)※全6ページ
4ページ目:【注】左右の「倉庫」の扉が可動壁となっており、そこに展示が可能
5ページ目:ケヤキ並木に面した窓・壁面のサイズ
ギャラリー同潤会寸法入り図面.pdf
PDFファイル 94.0 KB

2.搬入経路について(写真・幅/高さ[単位:cm])

ギャラリー玄関:幅114,高さ207 ※子ドアも開けた場合

その他については、ギャラリー見学時にご確認下さい。

※写真は同潤館1階エントランスからの経路です。

 

 

 

©ギャラリー同潤会 / gallery dojunkai @渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ・同潤会青山アパート再生棟「同潤館」2階, #個展は同潤会。